駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

何?死にたい? 心配すんな。 死ぬのは決まってるから。 必ず死ぬから!

そう言えば先週釣りしてきたんだった。(´・ω・`)

 

f:id:moriyon:20190521134439j:plain

 

終日曇り。

真っ昼間なのにまるで夕方近くみたいな曇天でした。

いつもの場所でいつもの釣り方。

前回の釣果に味をしめて同じ場所へ行ってきました。

夕方の満潮時が狙いどき。

 

「ここは何が釣れるんですか?」

通りがかりの人によく聞かれる質問ですが、釣りを開始早々に後にいた人から聞かれた。

「はあ、チヌ(クロダイ)とかハネ(スズキの若魚)ですよ。」

といつもの回答を返しました。

「ここで初めて釣りするんですが、どこを狙ったらいいんでしょう?」

「え!?」

この場所が初めてというので具体的な釣り方とコツをアドバイスしてあげた。

 

魚というのは海の中のどこにでもいるのではない。

隠れ家になる場所、潮流が淀む場所、食べ物が豊富にある場所などの一定の条件が揃わないと魚は釣れない。

1つの長い堤防でも頻繁に魚が釣れる場所というのはたいてい決まっている。

しかも、いつ魚が食べ物を食べようとするのかは人間にはわからない。

釣り師は”魚がいるであろう場所”で、その””がやってくるのをひたすら待つ。

 

f:id:moriyon:20190521141038j:plain

あちらには3人の釣り人。 彼らもひたすら待つ。

 

釣りをしている時はぼーっとしているわけではない。

日差し、風、潮の流れ、潮位による水深、エサの状態、水面に出来る波紋、生き物の気配、を絶え間なく見張っている。感じている。

 

だけど、何の変化もなく時だけが過ぎていくことが殆どで、何も出来ず手持ちぶさたになる。

そうなると、様々な事を考える。

仕事のこと、家のこと、趣味のこと、明日からやらなきゃいけないこと。

思い出して、消して、また思い出して。

 

 

 

「自殺未遂をしたよ。」

古い友人からのメールがあった。

睡眠薬だったけど、幸い発見が早く病院で目覚めたそうだ。

 

彼は同い年。

前にも一度30歳の時に未遂をして生還している。

その時も睡眠薬

原因は家庭内。

彼を取り巻く環境、責任、不都合な現実。

それらが彼を苦しめ、次々と彼に襲いかかった。

死へと逃避する誘惑に勝てなかったようだ。 

 

その時、その知らせを聞いた時、彼に言った。

「お前がいなくなったら寂しいやんか!」

 

それから、彼は再出発した。

今から20年以上も前のこと。

 

 

 

人間、自らの手で死を選ぶ時は単純な理由が原因ではない。

いろんな要因が複雑に絡みに絡んで、解きほぐすことすら出来なくなって、自分の手では収拾が付かなくなる。

考えて考えて考えて、苦しんでもがいて、どうにも出来なくなる。

他のことを考える余裕など何も無くなる。

 

 

死に臨む時は、後先を考えるとか、痛いとか苦しいとか、残される者とか、損害賠償とか迷惑とか、そんな事は頭からすっぽりと消えてしまう。

死神に取り付かれたという表現がそのままのように逝ってしまう。

ただ辛さから開放されたい。それだけ。

 

 

(信仰の厚い方にはたいへん申し訳ないが)神様の救いの手だとか、御仏のご慈悲だとか、そんなどこにでも転がっているありふれたうわべだけの文句は一切通用しない。

親兄弟の涙も友人の叫びも 見えはしない聞こえやしない。

ただ苦しさから開放されたい。それだけ。

 

 

自死を選ぶ人を救おうと思ったら、その人が背負っている苦痛全ての物を取り去ってやって、新しい環境へ誘ってやらないと救えない。

場合によっては、その苦しみを解き放つことが誰にも出来ない、と言う物もある。

苦しみが解決されず残っていると、終わりを迎えるまで何度でも繰り返す。

私はそう思っている。

 

 

ただ1つ。

辛く苦しく死にたいと願う者の心の中に「希望」と言う何かの物を差し込むことが出来たら、死に捕らわれた考えから何とか回避させてやることが出来るんじゃないだろうか。

そう思っても何も出来ない自分がいる。

 

 

 

この歳になって、もういい年と呼ばれるような年齢になっても、再び彼を苦しめる様々な事が襲いかかったようです。

彼には娘さんが一人いる。

今春、大学に受かって通うことになっていた。

 

「お前が死に切れんかったって言うことは、神さんがまだ生きとけって言うてんねんやろ。 まだお前にはこの世にやらなきゃいけない役目が残っとるぞ。ってことやろ。」

「せめて娘さんが卒業して社会人になって旅立つまでがまんしろよ。 死ぬんはそれからでも遅くないんちゃうか? 役目を終えたら勝手に死ぬよ。」

 

こうメッセージを送った。

 

彼からの返事は、

「そうかもしれんな。 娘が卒業するまで何とかしてみるわ。」

というメッセージが帰ってきた。

彼はまだ生きています。

 

 

 

 

 f:id:moriyon:20190521141854j:plain

  

夕方近くなって満潮が近づいてきた。

海面に生き物の気配がみなぎる。

アタリを拾って釣れたのは本命のちびっ子。

 

もちろん海に帰してあげる。

今日はこの小さいのが2匹だけだった。

 

一日中太陽が出なくて、強い風に吹かれ続けていたら寒くて辛抱が出来なくなってきた。

エサも底を突いたから帰るとしよう。

また次の機会に。

 

スキンヘッド歴20年以上の私がもの申す

長年の不摂生とヘビー級のストレス。

それプラス隔世遺伝と沸き上がるように増産される男性ホルモン。

30歳手前から少しずつ薄くなってきた私。

 

カッパだバーコードだと後ろ指さされるぐらいなら、思い切って無くしてしまえ!

30歳過ぎにはバリカンを使って自分で一気に髪を下ろしてしまいました。

 

どうせ無いのだから、もう復活しないのだから潔く!!

 それから20年以上の時が経ちました。

 今でもカミソリを使ってのお手入れを欠かすことはありません。

 

f:id:moriyon:20190522095111j:plain

 著者近影:まるおとわたし

 

ハリウッド映画などでは、薄毛でも無毛でも主役を演じている俳優さんは一杯いるし、一流と言われる方が何人もいる。

そして人気がある。

実際にアメリカの町を歩いてみると、若くてハゲの外人さんってのは意外と多い。

割合からすればアジア人より欧米人の方が多いんじゃないか?という印象を持ちます。

 

f:id:moriyon:20190521101336j:plain

薄毛の外人さんは妙にカッコイイ。

 

ところが、我が国では、「ハゲ=悪い」と言うような風潮がこの国にあります。

この国のテレビなどで禿げた人で、特に若い世代でドラマなんかの主演を演じる人はほぼいないんです。(時代劇を除く)

だからヅラの芸能人がすごく多い。

髪の毛が無いのを笑いものにしたり、良くないことのような印象を定着させたのは、テレビを中心としたメディアや芸能界。

  

ハゲた人を不潔で汚れているような印象をすり込み、この世に存在してはならないようなゲテモノに仕立て上げた。

挙げ句の果て笑い者にしてこき下ろして差別する。

そんな風潮を生み出したのは放送業界!!

あいつらが悪いんだっ!!

 

 ちきしょぉぉぉっっ!!

 

 

出来る事ならば下記の記事を読んでいただければありがたい。
hair-hunter.com

 

文中では、

薄毛の人とつきあえますか? Yes=60.4%

薄毛の人は恋愛対象になる? Yes=50.2%

という調査結果と有り、約半数以上がハゲに対して理解を示しているかのような回答が表示されています。

 

ぶっちゃけ言おう!

そんなの嘘だ!!( i ◇ i )

 

 

f:id:moriyon:20190522140208j:plain

著者近影:まるおとわたし2

 

 

「そんなことないわよ~」と思った貴女。

婚活パーティとかで目の前に少しイケメンだけどハゲ散らかした男性が現れて、

「一目惚れしました。友達からお願いしますっ!」

って言われるのを想像してください。

 

本心からすぐに断って、充分に距離を置いたら、

「あ~、気持ち悪いっ!」

って言うんだ。

ほぼ100%。

ぜったいそうだ。ヽ(TдT)ノ

 

 

世の中の実態はこうなのだ!↓ 

matome.naver.jp

 

電車で女性の横に立つと険しい目で見られる。

買い物しても釣り銭を投げられる。

満員電車で私の周囲だけ数センチの隙間が開いている。

地下街を歩くと人の列が十戒の海のように道が開く。

会社に来た飛び込み営業がすぐさま帰っていく。

etc...

 

身をもって体験してきた私が言うのだから間違いないっ!(T_T)

 

 

f:id:moriyon:20190522140442j:plain

著者近影:まるおとわたし3
 

 

 

なぜ、こんな記事を突然書いたかというのは・・・

先日、こんな記事を見つけたから。

 

www.news-postseven.com

 

 やっとか!という内容。

 

もっとハゲにも人権を!

 

という話しさ。

 

まだまるおの喪明けも済んでないのに神社へ行って、罰が当たるんじゃないかと戦々恐々

はてなのブログシステム使って半年ぐらいになるますますます。

まあ使い勝手がいいのでもうしばらく続けようかと思っていますすす。

 

空いた時間にいろんな人のブログを読みに行く。

読ませていただいて共感した記事には出来るだけ☆を置いてきて、ブログ村とかのアイコンがあったらクリックして帰ってくる。

 

 

ついったあもふぇいすぶっくもやらない自分としては、イイネ感覚のつもりなんだけど

読んでやったぜ!!ヘ(゚◇、゚)ノ~ ケケケ

みたいな変な感覚にとらわれてしまって違和感を抱くようになってきた。

押し売りだなコリャ。

 

☆を付ける行為が義務のようになってくるとヤバイな。

 

 

 

f:id:moriyon:20190521164933j:plain

先々週、京都の下鴨神社へ行ってきました。

まるおの喪明けが済んでいませんが、四十九日を過ぎたのでお許しを願ってお参り。

 

 

f:id:moriyon:20190521165057j:plain

神様のご神体ってのは「鏡」が多いですよね。

 

 

f:id:moriyon:20190521165340j:plain

鏡というのは自分自身の姿を映し出す物。

 

 

f:id:moriyon:20190521165511j:plain

神様は自分の心の中におわします。

 

 

f:id:moriyon:20190521165758j:plain

売店?にはお守りがたくさん並んでいます。

これは媛守(ひめまもり)。

女性用のお守りで、奇麗なデザインのお守り袋がたくさん並んでいて可愛いです。

同じ柄の物は無いそうな。

 

 

f:id:moriyon:20190521170044j:plain

一方、こちらは男性用のお守り。

彦守(ひこまもり)。

男性はこれ一種類!( i ◇ i )

かわいくねえっ!

 

 

f:id:moriyon:20190521171407j:plain

本殿の右隣に「御手洗社」があって、こちらの売店では「水みくじ」と言うのが売られています。

 

 

f:id:moriyon:20190521172836j:plain

水につけると内容が浮き出てきます。

 

 

 

日々のアクセス数が数十足らずのこのブログ。

更にアクセス数を伸ばそうという気もしないし、読者数を伸ばそうという気力もない。

人に好かれない気性の私だから。

 

自己を保って自然体でやっていかないと、背伸びなんかして無理をしたら簡単に壊れてしまう。

何かの縁(えにし)でここを見てくれた人が、何かを見つけてくれればいいのだと思っている。

今のままでいい。

 

偶然に出会った稀少な読者の方々や見に来てるくださる方々との縁を大事にしましょう。

 

ネット上の出会いも何かの縁。

神様にお参りに行くのも何かの縁。

 

ハンガーバー 取り外し式にしたら失敗したかもna~

 

moriyon.hateblo.jp

 

脱着可能にすればええんじゃね?(*。*)ホヨ?

 

f:id:moriyon:20190517154428j:plain

 

そう思いついた自作のハンガーバー。

何かフックになるような良い物は無いか。

背面に引っかけるような金具は無いかと、早速自転車でホームセンターへ。

マグネット脱着などあればベストなんだが・・・。

 

よく壁掛けシェルフの背面に付いているような、金具は売ってないかと探す。

こういうやつ。↓

f:id:moriyon:20190517154131j:plain

 

この金具の名称は『キーホール吊り金具』というらしい。

 

 近所のホームセンターには売ってなかったので代わりの金具を買ってきた。

 

さっそくハンガーバーの背面に取り付けます。

 

f:id:moriyon:20190517155725j:plain

 

こっちの方がビスの頭が通りやすくて着脱する上で勝手がいいと思ったから。

 

長いバーに2箇所止めだけだと重さに耐えきれなくて、ビスが抜ける可能性があるから全部で4箇所止めにしました。

なんせ衣服なんかを掛けるハンガーバー なので、コートを複数吊しても落下しないように耐荷重を考えて設置しなきゃいけない。

キーホール吊り金具は板に密着しているので、ネジ頭にかけにくいのです。

4箇所のネジを厳密に面一にしないと、きちんと填らないし。

たいへん面倒だ。

 

 

ハンガーバーを取った時、壁紙の傷が丸見えになるのが格好悪い。

テープを貼るか、壁紙をもう1枚貼るか・・・

 

以前から興味を持っていた「壁紙に塗れるペンキ」

これを試してみようとネットで購入しました。

 

f:id:moriyon:20190517160505j:plain

 

送料入れると結構高い。(;´Д`)ノ 

 

500g缶で従来のペンキの2倍以上の価格。

色は部屋の雰囲気に合わせて「ブランケットピンク」にしました。

 

f:id:moriyon:20190517160734j:plain

 

壁の塗る位置にマスキングテープを貼り、桟のある場所に予めビスを打っておきます。

 

f:id:moriyon:20190517161107j:plain

 

ペンキを塗ってみます。

 

f:id:moriyon:20190517160845j:plain

 

乾いたらマスキングテープを剥がします。

 

f:id:moriyon:20190517161258j:plain

 

ビスを太い物に交換して、頭だけ出るようにします。

そしてハンガーバーをかけてみる。

 

f:id:moriyon:20190517161458j:plain

 

f:id:moriyon:20190517161606j:plain

 

うーん・・・・。(-""-;)

 

壁にぴったりと付かなくて浮いてしまうんだよなあ。

何か違和感あるよなあ。

失敗したかもな~。

色は変わるが、ここだけ白の壁紙を重ね張りすればよかったかなあ。

家具搬入の際にぶつかるのを覚悟でベタ固定にしようか。

少し考えよう。

 

 

さんかくの小散歩

さんかくは室内飼い猫

怖がりのくせに表の世界に興味津々。

 

我が家に来た頃に脱走して家の周辺中を探し回ったことが2回あります。

年を取ってきてからは脱走しようという気は無くなったようです。

今でも表が見渡せる場所が大好き。

 

f:id:moriyon:20190520134909j:plain

 

何に興味を持っているかと言うと近所に住むノラネコ!

縄張りを守ろうとしているのか、遊び友達が来た!(どうやらこっちらしいが)と思うのか、わかりませんがノラネコが家の前を通りかかると非常に興奮します。

 

f:id:moriyon:20190520134946j:plain

 

 

会社から自宅に帰って玄関を開けるとさんかくが階段を飛ぶように下りてきます。

 

「あ、さんちゃん! ただいま~! わざわざ迎えに来てく・・・れ・・・たの・・・( ̄▽ ̄;)」

 

私には目も暮れず玄関前へ走っていきます。

 

f:id:moriyon:20190520135208j:plain

 

さんかくの毎日の楽しみの1つ。

 

f:id:moriyon:20190517163542j:plain

 

玄関扉から、玄関門扉までのわずか1mほどの小散歩がさんかくの日課

 

 

 

 

ただ、雨が降ると表に出すわけにはいきません。

少々の雨だと怖がらない子なので、びしょびしょになった体で家の中に入ってきます。

そうなるとたいへん困るので雨天は外へ出しません。

玄関扉の前で出せ!出せ!とうるさいです。

 

f:id:moriyon:20190520141259j:plain

 

半年ぶりにエアコンの設置するよ! 後編

前回は勢い余ってシリアスな内容の記事を書いてしまった。

  

moriyon.hateblo.jp

 

もっと笑えるネタを題材にすべきであった。

反省!( ̄□ ̄;)!!

 

 

だがしかし!

 

現代のこの国が抱える深刻な問題なので、理路整然、簡潔明瞭、合理的な内容の記事を書き続けます。

 

今回も真面目に論を述べていきます。

 

 

 

f:id:moriyon:20190516142606j:plain

室内側の作業をします。 バラバラになった配管を束ね壁に沿わせます。

 

 

 

高齢者の増加

放棄農地の増加

放棄住宅の増加

地方の過疎化

低い食糧自給率

高齢者世帯の生活保護受給率

 

これらは我が国が抱える深刻な問題の一端です。

 

これらの我が国が抱える諸問題が、一挙に片付く可能性がある画期的な妙案を思いつきました!

 

 

 

 

f:id:moriyon:20190516142658j:plain

室外機に配管を接続。 トルクレンチでしっかりと。

 

 

これだけ書いただけで、懸命なる読者の皆様はだいたいの筋書きを思い浮かばれたと推察します。

 

その通りです!(゚∀゚)アヒャ♪

 

 

結論:

高齢者をまとめて田舎の農地に連れていって、

農家やる傍ら自給自足させろ!

 

という乱暴な案です。ヘ(゚◇、゚)ノ~ ケケケ

 

更に賢明な読者諸氏は頭の中でその仕組みが思い浮かぶでしょう。

わざわざ私が具体的な説明をするまでもありません。

 

 

我ながらいい考えだと思った。

 

 

 

 

 

f:id:moriyon:20190516142726j:plain

真空ポンプで真空引き。 ポンプで20分、その後確認で10分費やします。

 

 

いや、待てよ。

 

こんな安易な考えがそうやすやすと事が上手く運ぶならば、もう誰かが既に実行に移しているだろう。

中途半端な思考ではいけない。

そう考えて更に熟考を重ねるのでした。

 

 

だいたい「自動車に乗るなっ!」って周りが言ってるにも関わらず、平気で車に乗ってあちこちで迷惑行為をする老害が、大人しく田舎に引っ越すだろうか?

 

ありえないなっ!!(-。-;)

 

とにかく頑固で人の話を聞かない。

聞いても理解しようとしない。(;´Д`)

 

厄介な連中だからな。

 

 

 

 

f:id:moriyon:20190516142852j:plain

ポンプで真空引きをしている間に、配管にテープを巻いたりパテ付けしたりします。

 

 

都会郊外の老人と言えば、

 

自分勝手、動かない、文句ばっかり、人の悪口ばっかり。

半分ぐらいは協調性無い。

 

そんな連中と、

 

たかだか20世帯だか30世帯だかしかいないのに、先住民でござる!って変な権力振り回して、新しく来た人間をいじめ倒して追い出しちゃう。

 

性格の悪い田舎老人。

 

 

これが同じ地域に住み着いたらどうなるだろうか?

 

両者をひとまとめにして、一箇所に閉じ込めたらきっと殺し合いするな!(;´Д`)ノ 

 

間違いない。

俺様は上級国民様だ~!って偉そうにするヤツいるだろうから。

 

 

 

f:id:moriyon:20190516142951j:plain

どうやら空気の漏洩は無さそう。 機械類を片付けます。

 

 

いや待てよ。 

  

今の高齢世代って、若い頃は、闘争だ~!革命だ~!って言ってヘルメットかぶって、火炎瓶放り投げていた世代だろ。

 

性格悪い都会老人と、意地の悪い田舎老人。

こんなのが世の中には数十万人といるんだぜ。

 

もし万が一、この両者が何かの拍子に意気投合して団結なんかして騒ぎ出してみろ。

 

 

考えただけでも恐ろしいわっ!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・

 

下手すりゃ人類が滅ぶ。

 

 

 

f:id:moriyon:20190516143031j:plain

エアコンの試運転をして完成!!

 

 

結論: 

やっぱダメですわ。(;´д`)トホホ