駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

温水便座考 -あなたのケツは本当にきれいになったのか?- 前編

この記事は、一部不適切な表現が含まれている可能性があります。

読者の皆様に不快感や不安な感情を与える場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

 先日の記事で「温水便座を賃貸する各室に完備する予定の意志がある」という意味合いのことを少しだけ書きました。

 借りていただく方へのサービスの一環ですが、もう10年以上経過しますが着手していません。

 

f:id:moriyon:20190418115308j:plain

 

最近販売されている温水便座(ウオシュレットなど)は発売当時とは比較にならないほど安価!

一番安い物は15,000円前後から入手出来ます。

 

取り付けもいたって簡単。

少し機械いじりが出来る方なら小一時間もかからないでしょう。

賃貸マンションのリフォームの総額の費用からしたら、あまり費用のかからない部類の設備です。

 

ではなぜ、未だに全室完備に踏み切らないか?

 

その理由をこれから書いていきます。

 

 

 

今から10年ほど前、試験的に複数室に温水便座の取付をして、住人さんに無償提供したことがありました。

壊れてもいい、退室の際に取り外して持って行かれても良い、という覚悟の元で導入したのです。

 

その部屋は女性の方が借りられました。

運がいいとその時は思いました。

女性ならば清潔に使用するだろう。

無茶な使い方はしないだろう。

と安心したものです。

 

それから8年後、その方が契約解除して退室されました。

温水便座は持っていくこともなくきちんとトイレの便座の上に乗っていました。

 

リフォームの始まりです。原状回復に着手します。

最初に各部をチェックします。

どこを修理するか、どれぐらいの費用、期間がかかるかを調べるためです。

 

温水便座の蓋を持ち上げた時、そこには驚愕の光景が広がっていました。

 

f:id:moriyon:20190418121030j:plain

 

あのお姉ちゃん、掃除したことないんかいっ!

(;´Д`)ノ 

 

びっくりしました、と言うより吐き気を催しました。

どのぐらいの期間放置したらこんな事になるんだろう。 

 自分でこの様子を見て何とも思わなかったのか。

 

それはあたかもブラックホール!!

 

 

便器の方はクリーニング業者に任せるとして、温水便座は一度取り外して清掃する必要があります。

便座メーカーのサポートはクリーニングなんてしてくれません。

 

f:id:moriyon:20190418140123j:plain


 

この汚れきった温水便座を、次の住人さんに気持ち良く使っていただくためには、きちんと清掃・除菌しなくてはいけません。

 

嫌です。 正直言って嫌です。

 

自分の物でさえ触るのが嫌なのに、赤の他人の物なんて!。・゚・(つД`)・゚・

 

仕方がありません、お仕事です。

両手にビニール手袋を嵌めて、便器から温水便座を取り外します。

 

便座を固定しているナットは便器の下側にあります。

手を便器の下に這わせます。

 

便器を抱え込む姿勢を取らないと、ナットには充分に手は届きません!~( ̄△ ̄;~)(~; ̄△ ̄)~

 

もちろん便座の蓋は閉めています。

 

f:id:moriyon:20190418125245j:plain

 

顔の前に便座の蓋があります。

 

蓋の向こう側は、他人のウンチやらおしっこがこびりつき、カビまみれになった温水便座と便器!!∑(´□`;) 

 

顔を近づけるのも嫌です。

 

何とかナットを外して、便器から便座を引き抜いた時に見た物は、隙間に入り込んだ液体が腐食して変色して、腐朽菌まみれになった便器本体!(;´Д`)ノ 

 

 

ボルトもナットも黄色く変色しています。

もはや、便器の下側を見る気もありません。

 

f:id:moriyon:20190418125641j:plain

これは別の部屋のトイレ。

便座を取り外した時の状態。

この部屋のはまだ綺麗な方で、普通にこれぐらい黄変した跡が付いています。

 

汚物まみれの便器上部を一通り拭き掃除します。

カビキラーを噴霧してからティッシュで拭き取り、その後マジックリンで拭き上げます。

どんなにこすっても薄く黄ばんだ跡が残ります。(;´Д`)

 

温水便座のパーツを紛失しないように一つ一つビニール袋に入れていきます。

茶褐色どころか黒く得体の知れない物がこびり付いているパーツ群です。

本体を大きなビニール袋に入れます。

本体を傾けた途端に残っている水がボタボタとこぼれ落ちてきます。

しずくがズボンにかかります。

タンクの水なのか便座に付着していた水かはわかりません。(;´д`)

 

大きなゴミ袋の口をしっかりと閉ざして作業部屋へ運びます。

 これから行うのは・・・・

 

温水便座の分解清掃!!

 

生まれて初めての作業に取りかかったのでした。

 

続く