駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

噛み癖のある子

スコティッシュフォールドのさんかくと出会ったのが7年半前。

とあるホームセンターで、スコティッシュではあり得ないような値段で販売されていました。

生後6ヵ月。

痩せていてちょっと貧相でした。

f:id:moriyon:20190425171454j:plain

まるおの小さい頃にそっくり!!(゜ロ゜)

 

顔や体にある茶色の模様がまるおとほぼ同じ。

 

驚いてずーっと見ていた私に、売り場のお姉さんが話しかけてきました。

「抱っこしてみますか?」

 

「いや、うちにはもう1匹飼ってますから・・・。」

と言いながらスマホの背景画面に設定しているまるおの写真を見せると。

「きゃーっ!そっくり!!(゚〇゚;)」

「でしょう。ちょっとびっくりしちゃって。」

 

まるお以外にペットを増やす考えは無かったので少し躊躇しましたが、あまりにも可愛かったのでちょっと抱かせて貰うことにしました。

 

お姉さんの腕から私の腕の中に渡されます。

抱き方が悪かったのか嫌がってジタバタしたと思ったら、いきなり!

f:id:moriyon:20190425173712j:plain

猫に噛まれ慣れしている私は、急にさっと手を引いたりしません。

ですが、子猫の乳歯は鋭くて痛い。(;´Д`)ノ 

 ガジガジと手を噛まれるにまかせたままお姉さんに言います。

「この子、噛み癖有りますね。(´ヘ`;) 」

 

お姉さんは顔を引きつらせながら、

「ええ、少しばかり・・・汗」

 どうやら、それまでにもいろんなお客さんの手を噛んできた様子。

 

その後、この子と別れるのにしのびず、猫を衝動買いするという愚挙に出て、我が家に連れ帰ってきたのでした。

 

 

帰ってきてからさんかくに付いてきたワクチン接種の状況などの書類を一つ一つ見ていると、転売されて複数のペットショップを転々としてきた事実が浮かび上がりました。

いろいろと怖い目に遭ったのでしょう。

 

 

この噛み癖は7年経った今でも治ってません。(;´Д`)ノ 

 

 

 

甘えている時、触られたくない場所を触られた時など、平気で噛んできます。

けっこう痛いんだ、これが。

 

f:id:moriyon:20190425175440j:plain

家に連れ帰ってきた時のさんかく。