駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

一般家庭から出たゴミを集めて出したら産廃だ・・・と言う話し

建物管理の中でゴミ処理は厄介な部類に入ります。

近年はゴミの出し方、分別が細分化されて、自治体によってルールが異なっていたりして非常にややこしいです。

先月までOKだったゴミが、いきなりNGに変わって戸惑うこともしばしば。

 

見られてないからとルールを守らない人間は後を絶たないし、回収業者は持って行かずで、間に立たされる管理人はどこでも苦労しているはず。

 

f:id:moriyon:20191010114835j:plain

 

私の所では民間の回収業者と委託契約を結んでゴミ収集をお願いしています。

ゴミの収集について出してはダメな物が混ざっていると持って行かない。

回収業者が独自に決めているのではなく、処分場で断られるから。

業者も処分場の係員に怒られる、罰則がある。

行政が決めた後出しルールのゴミの出し方だけど、守ろうとしない人間が一人いるだけで、困る人がこんなにいることだけは知っておいて欲しい。

 

 

どうしようもない廃棄物。と言う物が存在します。

費用をかけて専門回収処理業者に依頼するか、自力で処分場へ持って行くか、しか手がない廃棄物。

近年ではブラウン管テレビ、冷蔵庫、エアコンというリサイクル処理が必要なゴミなどが代表的。

 

なぜ、購買者のユーザーに処分を押しつけるんだ?

作ったてめえのところが責任持って片付けろ!

と思うのは私一人ではないはず。

 

f:id:moriyon:20191010114936j:plain

 

家庭用ゴミの中で厄介なのが発泡スチロール

電化製品などの梱包資材に使われている大きな物は、大阪市の場合ではこれだけ別に回収日があるが、民間業者が回収してきた分は処分場が拒絶する場合があります。

産業廃棄物だとよ。

 

業者が回収してくれないので、自分が住んでいる自治体までわざわざ運んで、プラゴミの日に出しています。(プラゴミとして出してOKの自治体)

自治体も統一しろよ!(-。-;)

 

f:id:moriyon:20191010115250j:plain

 

店舗やオフィスだと更に厄介な物が存在します。

最近、あった厄介な物。

1Fにある飲食店がゴミ置き場にそれを出しました。

 

床の排水口に溜まった汚物。

油や食材がヘドロ状になった物が排水トラップに溜まります。

それを掃除をした際にくみ取った物でした。

 

衛生業者から電話が入ります。

「オーナー、あれ困るんですよ。 あれはゴミではなくて汚物です。 回収出来ないのでそちらでお願いします。」

バキュームカーで吸い取って汚水処理施設で処分する類の物で、ゴミ処理で回収出来ないという連絡でした。

お店の人に相談して、回収業者を呼んで引き取ってもらったので解決しました。

 

思うに、少量ずつ、水流しながら下水口へ流したら、一般家庭から出た物か店舗から出た物か、わからんじゃn・・・・

それを不法投棄と言う。

 

f:id:moriyon:20191011173315j:plain

 

それから蛍光灯。

いつの間にか蛍光灯が乾電池と同じ産業廃棄物扱いになっていたんですよ。

皆さん、知ってましたか?

平成29年10月から一般ゴミとは別扱いになっていたとか。

大阪市ではぜんぜん通知されていなくて、マンションの住人さんも未だに知らない人いるんですよ。

 

で、仕方ないから、管理人の私が代理で集めて定量に達して、処分しようとしたら、

「お宅は会社だから、回収出来ません。」

だと。

 

ああ、わかったよ。

保管していたら倒れてしまって割れちゃったよ。

すまんのお。

割れガラスとして一般ゴミで出すからよろしく。