駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

トイレのドアが開かない! 閉じ込められた! どうする?

headlines.yahoo.co.jp

 

トイレのドアノブの破損による閉じ込め。

 

実は、私が管理する物件で過去に一度だけ起きたことがあります。

幸いにもご夫婦のご家庭で、ご主人が帰宅して気付いて奥さんが救出されたので事なきを得ましたが、独り身だったら死亡事故になっていたかもしれません。

 

一戸建てでしたら、トイレに窓とかがあって表に向かって救助を呼びかければ誰かが気付くでしょうが、マンションとかの集合住宅ではたいていが室内の中心部にあって、大声を出そうが壁を殴りつけようが、外部に伝わる物ではありません。

区画によっては携帯電話の電波も入らない箇所があります。 

 

私自身もドアノブ交換を行っていて、ドアノブを外したままドアを閉めてしまって、ドアを開けるのに四苦八苦したことがあります。f(^ー^;

 

f:id:moriyon:20190704100106j:plain

 

 

新品でも数万個に1個、数十万個に1個、本当にごく僅かな確率で不良品があるときがあります。

我が家が今の住居に引っ越ししてから、2年後にトイレのノブが破損して相方が閉じ込められました。

新築2年目の建物です。

 

相方の声に子供が気付いて、近所の人を呼んできてくれたのですぐに助け出されました。

相方と近所の人が二人して、「なぜ開かなくなったんだろう?」とトイレに入って扉を閉めたら・・・・。

 

今度は二人とも閉じ込められちゃったのです。

( ̄□ ̄;)

 

再び子供が表に出て、近所の人のご主人を呼んできて救助されました。

嘘のような話しですが、マジ話です。

 

私が帰宅してこの話を聞いて大笑いしましたが、シャレにならないな~と思い、すぐに新品を購入して交換しました。

 

 

f:id:moriyon:20190704100125j:plain

錆で固着したドアノブ。 こんなになるまで放置しないで!!

 

 

リフォームの際には、浴室ドア、トイレドアなどは必ず入念にチェックしています。

錆など何らかの異常が見られた場合は、例え些細なことでも全交換するようにしています。

 

けれども、何年ぐらい使ったら壊れるのか、どれぐらい使用したら異常が出てくるのかなんて全くわかりません。

そして不良品を見分けることは出来ません。

 

強い地震の後に、建物に歪みが生じただけでも、扉の開閉に障害が発生していることもあります。

 

 

閉じ込めにあったときに、一番上の引用記事文中では、『体当たりで扉を壊す』と書いてあります。

ですが、扉は男性でも簡単には壊れません。

体重の軽い力の弱い女性・子供なら尚更無理です。

 

 

お一人住まいの方は、

1.扉を閉めてしまわないように習慣づける。

2.勤務先など長期間連絡が無い場合は、何かハプニングが起きたと思って、親元や自宅の管理人に連絡するよう、周囲の人に伝達しておく。

3.トイレ内にマイナスドライバーなどの道具を1本必ず置いておく。

とかして、自己防衛に努めるしか無いように思えます。

 

f:id:moriyon:20190704101920j:plain

 

 

 

上の2番目を書いて思い出しました。

 

数年前にある部屋に年配の男性が住まいしていました。

ある時、勤務先の同僚の方が管理室に来られたことがありました。

 

「○○さんから連絡が無いから部屋を開けて内部を確認させて欲しい。」

 

管理人の立場としては、例えご本人の身分証を提示されても、この要求に応じることが出来ないのです。

親族、又は血縁者でも、確かな確認が出来ないと無闇に部屋の解錠に同意出来ません。

 

「警察官か弁護士さんかの第三者の立ち会いが無いと開けられないのですよ。」

と伝えて、警察官を呼ぶことに同意を得て、警察署に電話してお巡りさんに一人来ていただくことにしました。

 

私と警察官と同僚の方三人立ち会いで部屋の鍵を開けました。

中は物音も無く静まりかえっています。

「○○さ~ん、いますか~?」

同僚の方が大声で呼びます。

ですが、何にも返事がありません。

 

「念のため室内を見ていいですか?」

と同僚の方が言われるので、警察官と二人で室内に入っていきます。

するとすぐに、

 

「だ、大丈夫ですかーっ!!?」

 

と慌てた様子。

 

○○さんが素っ裸で風呂場の入り口で倒れていました。

生きていたので、すぐに救急車を呼んでそれから大騒動。

 

f:id:moriyon:20190704102111j:plain

 

後日、ご本人に聞いたら、二日前に脳梗塞で倒れて、意識はあったけど体が動かなくて連絡も出来なかったということでした。

あと一日放って置いたら命に関わるところでした。

 

身よりの無い方でしたので、普段から連絡が無かったら自宅に確認に来てくれるよう、同僚にお願いしていたそうです。

 

こう言うこともありますので皆さんお気を付けください。

 

 

おまけ:

住人に注意を呼びかけるため作成したチラシ。

f:id:moriyon:20190704110510j:plain