駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

エアコンをDIYで取り付けるための知識 その8 エアコン購入3

 

moriyon.hateblo.jp

 

 

家電量販店などのエアコン取付け下請け業者の方は、取付け台数をこなさないとやっていけません。

前回書きました。

 

可哀想だから工賃を値上げしよう。→ 工事費が値上がりする。→ お客さんから工事費が高すぎる!とクレームが出る。→ 販売競合他社が安い工賃で請け負う。→ 価格競争する。→ 工事費が下がる。→ 下請け業者の工賃が下がる。

悪循環そのものです。( ̄▽ ̄;)

 

エアコン自体、薄利多売の世界で家電量販店の利益は雀の涙状態、が実際のところらしいです。

 

f:id:moriyon:20190711153844j:plain

 

私がエアコン取付けを行うと、取付けだけでだいたい2時間半から3時間。

取り外しも行うと更に30分ぐらいかかります。

1日に2台ぐらいが精一杯です。

 

家電量販店に工事を依頼してやってくるプロの方は、2時間弱ぐらいで取付けされます。

設置環境が悪かったり、化粧カバーなどオプション工程を入れるともっと時間がかかりますが・・・。

が・・・。

 

が!

過去の取付け工事してもらった時の記憶を辿れば、

なぜそんなに短時間で出来るの!?

という事が何度かありました。

自分で設置するようになってようやくわかってきたのです。

 

f:id:moriyon:20190711153853j:plain

 

エアコン注文時にお客さんが記憶している状況と、実際の現場の状況が異なる時に、追加工事が発生することはよくあります。

ところが、する必要のない追加工事をしないと取り付け出来ないと言って、法外な追加工事費用を請求するような手合いがいます。

 

また、工事費が安いもんで、台数こなさないと利益にならないもんですから、悪質な業者は手抜きをします。

よくあるのは、

 

・取り外しでポンプダウンせず旧フロンガスを大気開放。

・かなり古い旧配管(R22など、冷媒ガスの種類が現行と違う場合はバツ)をそのまま使用。

・旧配管が使えるのに新規取替えで高額費用請求。 配管交換費用を取っているのに旧配管をそのまま使用。

・室内機取付け時に、ボード内側の柱などに固定していない適当なビス打ち。→ 地震などで落下の可能性大。

・トルクレンチを使わず手締めでいいんだって、ガチガチにナット締め。→フレア部の破損につながります。

・ポンプで真空引きせず、内封の高圧ガスで配管の空気を送り出してハイ終わりで済ませます。→ ガス圧低下。水分混入。

 

sites.google.com

メーカーの技術者によると「指定通りの工事でないと非常にまずい。場合によっては寿命が3分の1くらいに低下する可能性がある」と明言・・・云々

上記ページより文中抜粋

 

f:id:moriyon:20190711153900j:plain

 

更に、

 ・壁紙・カーテンが手垢で真っ黒!

・化粧カバー取付けに失敗して、外壁が小さい穴だらけ。

おまけに、

ひどいのは、壁貫通の際に、専用工具使わず手ノコとノミで穴を開けた。という珍しいケースもあります。 穴が四角形だったとか・・・(^^ゞ 

 

 

量販店で買った場合、設置業者を選ぶことがほぼ出来ないです。

信用出来ないの??

 

そんなことありません!

殆どの工事業者の方は真面目にきちんと仕事をしている良心的な方々です。

ごく一部、悪質な業者が存在するため、業界にマイナスイメージがはびこっているだけです。

 

だけど、もし悪質な業者に出会ってしまったら・・・。

購入する機械が高額なので被害は大きいです。

そんなひどい業者に出会って後々痛い目に遭いたくないと思った、機械設置など得意な方々が、自分で設置するようになってきて、DIYでの設置が普及してきたのです。

 

f:id:moriyon:20190711154118j:plain

 

前回書いたように、DIYでの設置は、費用的なメリットはあまりありません。

また、設置ミスをしてしまったと判明するまでには、数年かかるかもしれません。

 

自分で手順通りに取り付けたという安心感。

きちんと設置をやり遂げたという達成感。

家庭内や友人間での地位向上!(やったねパパ!(°∀°))

ミスった場合の保証が得られないという不安感。

機械を破損させてしまった場合の絶望感。

 

全てが混在し、体験出来る世界です。( ̄▽ ̄;)

 

ただ、何度も書きます。

取付け現場がややこしくて素人には手に負えないような場合、化粧カバーなどきれいに取り付けたい場合、機械の扱いに慣れていなくて自分に自信が無い場合。

こんな場合は迷わず業者に設置依頼してください。

 

ここまでお読みになられて、いざエアコンを設置、交換となった時に、

DIYで取り付けするか、工事業者に任せるか。

それは貴方次第です。

機械の扱いが苦手で自己で取付けは出来ない方は、良いご友人や工事業者に巡り会えますよーに。

  

f:id:moriyon:20190711154126j:plain

 

さて、ここからは私の愚痴。 

 

私のような大家業。

賃貸マンションではエアコンの設置が当たり前のようになってきています。

エアコンが無いような空室など成約率がガクンと落ちます。

中古でも新品でもいいからサービスで取り付けます。

最近は敷金も預かりませんから、壊されても機器代などほぼ回収出来ません。

 

中古残置物は2-3年ほどで故障したりする。

お客様からはクレームが来る。

猛暑の夏場なら住んでいる方の熱中症の心配までしなきゃいけなくなる。

新しいエアコンを買うために走り回る。

繁忙期なら量販店で買って、設置まで数日待たされます。

 

 

お引っ越しされて部屋が空室になって、残っているエアコンを見て愕然とします。

フィルター清掃なんかした形跡が無い。

リモコンなんかまともな形で帰ってきたことが少ない。

下手すると引っ越し荷物に同梱されて行方不明。

内部フィンはホコリで詰まっている。カビが生えてる。

室外機は植木鉢が置いてあった跡が残っていたり、泥だらけ。

次のお客様にお渡し出来る状態じゃない。

 

 

リフォームでは壁紙業者はエアコンの部分だけ張り替えが出来ない。

そのままにしていたら、↓こういうことになる。

 

f:id:moriyon:20190711150515j:plain

エアコンを取り外して初めてこんな状態だとわかる。

 

ベランダ清掃とかだと室外機をずらして移動させます。

その時に配管に衝撃が加わることもあります。

清掃業者はそんなこと報告もしてくれません。

気が付いたらガスが全抜け。(;´Д`)ノ 

 

リフォームの際に一度取り外して、エアコン内部まできれいに清掃して、再び取り付けます。

費用が嵩むので、いちいち業者を呼んでられない。

 

こんな状況で、手抜き工事やられて3-4年で壊れたらたまったもんじゃありません。

 

だから自分で取り外し、取り付けするようになったのです。

 

昨年、一昨年と猛暑の夏で、エアコンが飛ぶように売れました。

今年は型落ちの安価な製品の玉数が少ないです。

今年は冷夏?かもしれないです。

来年はもっと安い型落ちが出てくるかな?ヒヒヒ

 

 

次回から実践です。 最初は取り外し編、ポンプダウンから。