駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

ネタに事欠かないアイデア

日本語で書かれているホームページやブログ、SNSはこの世に幾つあるのだろう?

そして毎日のように記述されている記事の総数はとてつもない数字になるのだろうな。

 

各オーナーにとっては、多くに人に読んで貰いたい、多くの人に自分をアピールしたい、と思う気持ちは誰もが同じでしょう。 

中には、有名になりたい!たくさんの人に読んで貰って共感を得たい!と言う人も少なからずおられるでしょう。

 

 

ここのはてなブログや、SNSの中のコミュニティの中だけならば、他の人の記事を読む機会に恵まれるし、相互理解も早い。

だけど、外の世界の人に向かってはどうだろうか?

 

f:id:moriyon:20190530100047j:plain

 

 

ランキングもグループ登録も小さなコミュニティの中。

例え、「おすすめ記事」とやらに選ばれたとしても所詮井の中での注目に過ぎない。

ブログ村とかブログランキングとかあるけど、あれも所詮は小さなカテゴリーの中の

世界に過ぎない。

 

 

アフィリエイトなどで副収入を狙ってページを運営し、ビジネスとするならば小さい世界に留まっていてはいけない。

不特定多数の読者の目に付くように工夫しなければいけない。

 

アクセス数を飛躍的に伸ばすためには、結局は、Googleなどのメジャーな検索サイトで、上位に掲載されるようにならないと意味が無い

ちなみに、このブログは検索サイトからはほぼ誰も来ないっす。f(^ー^;テヘ

 

 

ブログシステムの欠点として、過去記事が新しい記事にどんどん埋もれて行ってしまって見つけにくくなる。

サイドバーメニューのカテゴリーや目次を細分類して、よっぽどわかりやすく目を引くような物にしないと、探し手の目に止まらない。

 

ブログではその形態が構築しにくいのです。

ホームページ(html形式のWebサイト)の方が、特定の題材をすぐに読者に表示出来ることに優れています。

 

多くの人が探し求めている”何か”を見つけて。

その何かに対して集中的にわかりやすい記事を書いて。

そして、それを一番人目の付く所に持っていく。

 

これらのシステムの違いや特性を充分に理解している人は、SNS、ブログ、Webページを見事に使い分けています。

SNSでリアルタイムに情報を流し、ブログで集客数を増やし、Webサイトでじっくりと理解して貰う。

成功している方は現在でも日々の努力を怠っていません。

 

f:id:moriyon:20190530100127j:plain

 

 

問題になるのが上に上げた”何か”

この何か=ネタを見つけなければ話しが始まらない。

つまらないネタなど誰からも見向きもされない。

読者にはっと思わせるか、クスッと笑わせるか、ほーっと言わせるような何かでないと。

 

しかも、ネタは1つだけではなくて無数に必要になってきます。

情報誌や情報サイトのように、資金をつぎ込んで複数の人の手によって、様々なネタや話題を取り上げ、不特定多数の読者へ多くの話題を提供するようなサイトには勝てない。

個人では真似は出来ません。

 

 

先ほど書いたように、ブログは過去記事が埋もれてしまうと言う欠点があります。

中には非常に有意義な題材であったにも関わらず、時流にそぐわなかったり、サイトの注目度が低くて、人の目に触れず隠れてしまったような記事。

 

こういう記事がきっかけとなって、サイトに注目が集まるかもしれない。

アクセスを飛躍的に伸ばせる起爆剤となる可能性を秘めています。

 

 

実際、ここで出会い、購読している幾人かの方のブログの過去記事を、読んでみたいと思うことはしばしばあります。

ただ膨大な量のページを1つずつめくっていかなければいけない。

たくさんの時間が必要という壁があるため、まだ為し得ていません。

 

 

f:id:moriyon:20190530100932j:plain

 

 

埋もれている過去記事を、さも近日中に書いたようにさりげなくアップする。

そして過去の記事はそっと削除する。

 

どうせ、過去記事なんか誰も読んでいないだろうし、その存在すら気付かれていないだろう。

 

ネタ無限ループ、いい考えだ。

 

ネタが永遠に続くやんかっ!!!

(゚∀゚)アヒャ♪

 

1年分書いたら10年は続けられるな。