駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

壁紙の上からペンキを塗る 第1回

空き室のリフォームで新たな試みをやってみます。

 

壁紙など汚れがあると今までは張り替えていました。

カビもなくひどい破れもないのに、経年変化や日ヤケなどで一部の箇所の張り替えは色が合わなくなるので、少しの汚れだけで全面を張り替えていました。

 

f:id:moriyon:20190902105144j:plain

冷蔵庫や家具の設置が原因の色ヤケや汚れ。

漂白洗剤などではもう落ちない。

これだけで全面張り替え。

 

それだけで壁紙のロールを購入して高いお金をつぎ込んでいました。

ものすごく不経済。(>ω<)

 

 

数年前に商品化された『壁紙の上に塗れるペンキ』。

今回はこれを使ってみます。

 

kabegamiyahonpo.com

 

壁紙に従来のペンキを塗ると、ひび割れ、色むらが起こりやすく、数年するとペリペリとめくれてくるというデメリットがありました。

それらのデメリットを極力抑えた塗料です。

和室の天井に塗っていたので、製品の特性はだいたいわかりました。

 

壁紙には傷隠しのため部分的に塗ったことがありますが、全体に塗るのは今回が初めて。

いつものように養生していきます。

 

f:id:moriyon:20190902104600j:plain

 

枠縁、柱などマスキングしていきます。

 

天井枠淵もマスキング。

 

f:id:moriyon:20190902104643j:plain

 

エアコンやコンセントも養生します。

 

f:id:moriyon:20190902104708j:plain

 

6畳一間の小さな部屋ですが、これだけで1日仕事。(;´Д`)ノ 

 

実際に塗り始めたらいろんなことがわかってきました。

シリーズ化してレポートします。