駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

壁紙の上からペンキを塗る 第2回

moriyon.hateblo.jp

 

壁紙の上から塗ることが出来るペンキを使用するに当たって、サンプルを取り寄せて実験してみました。

天井に使用されている化粧ベニヤ板の木片に塗ってみました。

 

f:id:moriyon:20190904122501j:plain

 

カラーはピュアホワイト。

塗ってみた感想は、

・粘性が高く素材への食い付きが良い。

・水性のわりには速乾。

・水性ペンキ特有の臭いがほぼ無い。

 

f:id:moriyon:20190904122640j:plain

 

こういう化粧ベニヤ板の上にペンキを塗ると、板の表面のプリント層だけが塗料乾燥時の伸縮でめくれ上がったりするのですが、この塗料はそうなる心配はないです。

 

壁紙用ペンキは複数のメーカーから様々な種類が販売されていて、有名な「壁紙本舗」さんからは200色もの商品が出ています。

壁紙だけでなく、様々な下地に塗ることが可能で、先述の化粧ベニヤ板、漆喰壁、コンクリ壁、石膏ボード、砂壁、珪藻土壁など、通常塗装は難しいとされてきた素材にも塗れます。

 

 

実際の現場で使用してみました。

今回塗装する壁は、よく使用されている汎用の壁紙が貼ってあります。

この壁紙、表面に凹凸があり、少しベージュがかった色味です。

 

f:id:moriyon:20190904124631j:plain

 

塗ってみます。

塗装する際は、壁紙の表面にあるホコリなどを取るために、使い捨てのお掃除シートで軽く拭いてから塗り始めます。

 

f:id:moriyon:20190904124947j:plain

同じ白系統のカラーなので写真ではわかりにくいので、編集ソフトで色を濃くしてあります。

 

ここですぐに一つの問題にぶつかってしまいました。

 

ペンキが伸びない。(;´Д`)ノ 

 

塗料の粘性が少し高いためか、壁紙の吸水性が早いためか、刷毛塗りでは伸びが悪く効率よく塗料が伸びてくれません。

時間がかかるだけでなく、ペンキの使用量が多くて不経済。

塗り終わるのに何日かかるかわかりません。

 

どうしよう。(・ω・;) 

刷毛じゃなくてローラー使うか・・・。

 

更にもう一つの問題点が!

 

続きます。