駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

農民の子孫は農作物が出来たらめちゃ嬉しい

「今日、山の家の土地にミカンの苗を植えてきたよ。」

「え?本当? 今年はミカンが食べ放題なの?」

「いや、食べられるミカンが出来るまで4~5年かかるって。」

「なんだあ~。」

「何も知らなくて1年生の苗を植えちゃったから・・・。 でも、年末に新たに4年生の苗を何本か買って植えるつもりだから、再来年は少しは食べられるかも。」

「ミカン食べ放題。イイネ! ヒヒヒ」

もぎたてミカン食べ放題!イイダロ! ヒヒヒ」

 

  

我が家のご先祖様は農民。

祖父が若い頃に、蜃気楼が見える町から都会へ出てきました。

第二次世界大戦前の昔のこと。

 

 

それから数十年を経て・・・

都会育ちの私が山奥に購入した一戸建ての土地でやり始めたのは「開墾」です。

雑木を伐採し、荒れ地を掘り起こしてそこに樹木を植えることから始めています。

植樹です。

 

f:id:moriyon:20190606150307j:plain

 

ネットで検索して、ネットで調べて、ネット上の知識を得てやっています。

農業林業従事者の専門家の人に師事することはしていません。

 

  

まだ手を付け始めたばかりですが、やり始めてわかったのは、

自然を舐めたらあかん!です。

 

いきなり失敗してます。

右往左往しています。

紆余曲折し続けるでしょう。

 

 

一つ言えること。

めちゃ、おもろい!!(゚∀゚)アヒャ♪

って言うこと。

 

 

f:id:moriyon:20190606150342j:plain

 

 

既に整地されたレンタル農園のような物ではありません。

ただ単に土をほじくり返せばいいってものではなかったです。

下地作りが必要です。

重労働です。

目の前に植える植物のことだけでなく、日照や土壌、周辺の環境の整備も必要です。

知識が必要です。

害虫害獣に気を配ります。

今は出来ていませんが本来ならばこまめな手入れが必要です。

 

 

汗まみれになって、泥まみれ土まみれになって、虫に刺されたり脅かされたりします。

木の破片や草などで擦り傷。打ち身出来ます。

植えた苗や草が獣に食われます。虫に食われます。

植え付け時期を逃したら、もう1年待たなければいけません。

 

 

たいへんだけど、達成感と充実感は桁違い!

  

 

最終的には農作物の植え付けと収穫まで行きたいのですが無理かも。

常住しなきゃ無理だと思います。

取り巻く環境が許してくれません。

とても残念です。

 

 

 f:id:moriyon:20190606150358j:plain

 

 

商業農家を目指しているのじゃないですよ。

一人が食っていくぶんだけ作る、自給自足が出来るのかどうか試しているだけです。

その過程で自然の恵みが得られればいいなと思っています。

趣味の延長ですね。(*゚ー゚*)

  

 

いつまで働けるのかわかんないし、いつまでお給料が得られるのかもわからない。

いつまで生きるのかもわからない。

農業やったことがないジジイが、どこまで出来るのかっていう実験。

誰も教えてくれないからね。

 

 

だって、死ぬまでにうん千万円を貯めろって搾取の総本山が言ったんでしょ?

無理だよ。

まだ借金がその数倍残ってるんだから。

お前らが取っていった分で出来た借金だぜ。

 

 

 

え?

そんな土地は簡単に手に入らないだろうって?

山林みたいな土地所有したら駄目です。

腐動産と言われてるぐらいです。

私が死んだら子供達が処分に困るので対策を考えていますが、答えが見つかりません。

真似しちゃいけません。