駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

仕事道具

趣味で使う道具は、それぞれが取り扱いにこだわって作られ洗練されたツール。

 

機能性を追究しつくして作られ、多くの職人の手によって更に洗練追究された道具。

それらの中の幾つかのアイテムは、究極の「」をまとうようになりました。

 

先進の技術と、匠の技が盛り込まれた道具は、多くのマニアを虜にします。

のめり込んでいなくても、その美を見いだしただけで子供なら眼をきらきら光らせ、

マニアならヒーヒー泣いて喜ぶ。( ̄□ ̄;)!!

 

 

・・・ちょっとおおげさか。f(^ー^;

  

f:id:moriyon:20190626141920j:plain

 

こういう趣味に関する道具類は、凝りだすととんでもなく凝りだしてしまう。

収集癖が加わるととんでもないことになる。

 

1年に1度か2度使うか使わないかわからないような道具を眺めてニヤニヤ笑うようになる。

いったいどこで使うんだい?っていうアイテムを幾つか買ってしまって、時折思い出したように出してきてニヤニヤしながらいじり回して、そして元の場所へしまい込みます。

 

中には、

こんなのいつ買った!?

あれ?同じ物が二つあるよ??

という事態に陥ることもしばしばあります。

 

 f:id:moriyon:20190619144158j:plain

 

 

趣味の世界だけでなく、仕事の世界にもこれがあります。

 

特に作業道具類。

DIYで物を作ったり修理したりする人ならば思い当たる節があるでしょう。

 

憧れのハンドツールや電動工具があったりします。

プロユースとして製造されているので値段も高価でなかなか手が出ない。

購入したとしてもその道具を使いこなせるのか、使うようなシチュエーションがあるのかどうかもわからない、でも欲しいというツール。

 

なぜこんなに同じ物が大量にあるんだ?

いつ買ったっけ? 何のために?

と無駄な買い物をした自分にあきれることがあります。

 

f:id:moriyon:20190628100903j:plain

ドライバー類を手元の工具箱から出して並べてみただけでこんなにあった。

これでも全量のごく一部。 

 

仕事上、様々な種類の修理を行うので、それに伴って工具や道具が増えてきます。

専用工具・道具も加わるので、膨大な量になってきます。

電設用、木工用、コンクリート用、金属用、水道用、とそれぞれの道具があふれています 。

 

f:id:moriyon:20190821165936j:plain

事務所内の一角。 物を置きすぎて何が何やら。 これでも一部。


 

気が付くと棚にはツールボックスがあふれ、道具類を入れて運ぶツールバッカンが幾つも床に並んでます。

滅多に使わない専用工具もいっぱいあるが、いざという時無かったら困る。

 

もう要らないだろう?と思われるかもしれない。

 

いやいや、まだ足りないっ!! ( ̄▽ ̄;)

 

と言うわけで、現在も増殖中。