駅近!マンション2LDKペット可物件

非日常のために日常が非日常化する日常の雑記帳

一段落付いたので畳の廃棄処分を続ける

一部屋一部屋こつこつときれいにしていって、ようやく募集を開始することが出来。

その空室もようやく入居者が決まってくれたのだが。

リフォームする部屋、残り2室。

 

 

床材、壁紙、塗料。

自分でやってるから人件費がかかっていないとは言え、材料はそれぞれ安い物ではない。

 

春の税金月。

固定資産税など様々な税金を納めたら運転資金が底を突いた。

もうお金が無い。(T_T)

 

残っている補修箇所は浴室、洗面、給湯器。

専門職でないと修復出来ない、費用がかかる物。

今の私のノウハウではちょっと無理。

 

直せないから仕方がない。

予算に余裕が出来るまでしばらく空室のまま。

そのうち、また空室が出てくるかもしれない。

その時のために今は借金など出来ない。

 

 

泣き言書いていても仕方がない。

畳の処分するか~。

 

やりたくないなあ。( ´Д⊂ヽ

 

なぜやりたくないか。

これだ。↓

 

f:id:moriyon:20190529174047j:plain

以前から手がけているカビ部屋を利用しての作業。

この部屋はフルリフォーム予定だからうってつけ。

 

 

無断ペット飼育で汚しに汚しまくられた畳。

うんちとおしっことカビにまみれた成れの果てが6枚もあります。

 

どんな動物でもきれい好き。

不潔を好む動物は基本的にいない。

この飼い主は退室時に夜逃げのようにして出ていった。

 

可哀想だ。 ペット達が。

 

 

慣れているとは言え私も人間。

汚い物の処分を行うのはやはり嫌。

作業着に着替え、粉塵マスク、頭にタオルを巻いて作業にかかる。

 

 

f:id:moriyon:20190529174641j:plain

い草表、芯材、チップボードにそれぞれ分別する。

 

 

最初は悪臭プンプンだった。

通気の良い部屋で長い間保管していたので、臭いはずいぶんと取れました。

湿気の多い梅雨が来る前に解体処分します。

 

こうなるともはや畳屋は引き取ってくれない。

新しい畳を購入するなら渋々引き取ってくれるが、処分だけならまず引き取ってくれない。

 

個人だと市区町村の処分場に持っていけば有料で引き取ってくれます。

大阪市では粗大ゴミとして有料で回収してくれます。(あくまで個人)

事業者なら別で、産廃扱いになり衛生業者に委託しなければいけない。

かかる費用が全く異なってきます。

 

 

f:id:moriyon:20190529180101j:plain

畳縁がタッカーで止められている。

気が付かないとカッター刃がすぐにダメになる。

 

 

賃貸に住んでいる人間は、部屋の設備がどう汚れようとお構いなしのところがある。

「どうせ出て行くんだから。」という気持ちが根底にあるから。

 

ひどい人間が入居してしまうと、出ていった後、原状回復に数ヶ月かかるようなケースが何年かに1度出てきます。

近年とみに住人のモラルが低下してきてひどくなってきた。

男性女性、性別も関係ない。

表ヅラはべっぴんさんで見栄えが良く見えても、生活はだらしなかったりする。

 

人間は表裏を持つ生き物。

普段、口にしている話しと、やってることが180度違うなんて普通。

 

大家を長いことやっていると、人間を信用しなくなる、出来なくなる。

 

 

f:id:moriyon:20190529180452j:plain

 ビニール袋に収納出来るぐらい細かくして、少しずつ廃棄していきます。

 

 

6枚の畳を分割分別し終える頃は腕がパンパン。

さすがに粉塵マスクのフィルターが詰まってきた。(;´Д`)

全身汗だく。

カッターの刃も短くなった。

 

今回はこれぐらいにしておいてやろう。

 

 

作業しながらネタを探し、仕事の合間に記事を書く。

長文の記事を幾つも書ける時はこの月末前後。

お家賃を持参してくださる住人さんがいるので、事務所でひたすら待機しているから。

 

大家は待つのも仕事。

 

 

早く家賃持ってきてくださ~い!!

 

かねがね~んだよ~。